技術

マルチカッティング

フォーム材などの軟質から、アクリルなどの硬質まで複雑なカットも可能な生産型マルチカッターを設備。

フォーム材などの軟質から、アクリルなどの硬質まで複雑なカットも可能な生産型マルチカッターを設備。

boldaでは、複雑な形状に対してもデータどおりのカットが可能なマルチカッティングマシンを2基保有しており、様々な用途に対応することができます。
硬質紙ボードのほか、スチレンボード・プラダン・板紙など、様々な素材をデジタルデータそのままにカットすることが可能。もちろん直線カットだけでなく、Vカット・曲線カット・穴空けなど、ツール次第で様々な加工ができます。
さらに、アクリル・MDF・木材・アルミ複合板などの硬質素材()の加工も可能。お客様のあらゆるニーズにご対応できます。

(※XL44のみで対応可能)

機種

KongsbergXP44 / KongsbergXL44 (コングスバーグ XP44)/(コングスバーグ XL44)

仕様
<XP44>※bolda標準マシン
作業エリア 2210x3200mm
位置精度 ±300μm ±.0118”
反復精度 ±60μ – ±.0023”
最大速度 100m/min – 66 IPS
最大加速度 14m/s2 – 1.4G
<XL44>※主に硬質資材へのカットに使用
作業エリア 2210x3050mm
位置精度 ±300μm
反復精度 ±60μm
最大速度 50m/min
最大加速度 5.4m/s2 0.54G

  • マルチカッティング
  • マルチカッティング
特徴
1. 従来機を遥かに超える生産性を実現。(XP44)

従来の同社加工機と比較して2倍以上の生産性を実現。全ての行程において生産性を上げるための改善を行った、完全生産型ハイエンドマシンです。

2. 様々な資材に対応できるオプションツールを完備。(XL44)

アクリル、MDF、アルミ複合板、ベニヤなどの硬質素材カット用ミーリングツール(エンドミル)や、軟質素材カット用のフォームヘッド、印字が可能なペンツール、罫線ツールなど、様々な資材のカットや特殊加工が可能なオプションツールを完備。
お客様のご要望に幅広くお応えできます。

3. 3Dイメージによるご提案書の作成が可能。

製図ソフト「Artios CAD」では、製図時のデータを用いた3D図面の作成が可能。
打ち合わせ段階で3Dイメージでの仕上がりの確認ができますので、お客様の不安を解消できます。

4. Vカット加工により直角に資材を折り曲げることが可能。

Vカットツールを使えば資材に対してV字型にカットすることが可能。罫線加工では成し得ない、鋭い直角に折り曲げることができます。硬質紙ボードだけでなく、スチレンボードなどにも加工ができるため、構造次第では反りなどの問題を解消することも可能です。

  • MDFのカット例

    MDFのカット例

  • アクリルのカット例

    アクリルのカット例

  • アルミ複合板のカット例

    アルミ複合板のカット例

  • フォーム材のカット例

    フォーム材のカット例